岡山県道301号 落合高倉線
走行日 2003,10,16

195_オーバー

MAP

岡山県西部の高梁(たかはし)市
新しく入手した地図『ライトマップル』にはこう書かれてある。

河港や城下町で繁栄。700年前の歴史を街の随所に残す

道路のインパクトとしては、いままでのレポートに比べると弱い。
ただ、最後に出てくる『モノ』だけはちょっと驚いたが・・・

私の父方の祖母の出身地であるらしいこの高梁に、時空を越えて暇な孫が挑む!


国道313号との分岐

写真の撮り方『悪い例』に絶対でてきそうな1枚である・・・

福地川(ホタル生息)沿いに進む

集落内を走る

ジワジワと山を登っていく

このあたりの離合はまだ余裕がある

無人地帯に差し掛かるとそうはいかなくなってくる

三叉路?

いえいえr302との交差点ですよ

上の写真中央、ガスボンベの家を曲る

少し坂を下る狭路となる

田んぼの畦道レベル

道路維持関係の車が来た

見回りご苦労様です(変な目で見られたのは言うまでもない)

このあたりは緩やかな逆S字カーブとなっている

再び無人地帯を走る

ここからは特に道路幅は変わらないが、落ち葉に隠れた小石が厄介

高倉町側の集落

こちらも狭い

r85との合流地点

この右手にはすぐ国道180号が走っている
この直後、いままで見た事も無い『モノ』を目の当たりにする

それはr85側から見た時であった・・・

写真左側に見える標識に注目

なんじゃこりゃあ!『いってんご』て!?

・・・サブタイトルの意味がお分かり頂けたであろうか。(レガシィの全幅は1695_)
この車幅制限をクリアする車は、いったいどれほどあるというのだろう?
このあとすぐキャンターもやってきた。
実際にはそんなに狭路は無いのだが、ナゼこんな幅にしたのかは分からない。

あ、さっき通った道路維持の人なら知っていたのかもしれない・・・


おまけ


inserted by FC2 system